sleddog?ゆめ・ 快斗のひとりごとです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんた。
あなたとの出会いは、紙袋の中。
そう、あなたは捨てネコさんだったね。

まだ目も見えてるのか!?見えていないんだか!?
私の手のひらに乗るくらいの、大きさだったね。

私が一人暮らしをしている時だったから仕事から帰るまで、いつもお留守番。
帰ってくると必ず玄関で待っててくれたね。

実家に戻る事になって(実家はペットダメだったんだけど)内緒で飼ってた。

おとんが定年退職で社宅を出る事になり、ペットOKのマンション購入!!
全て、にゃんたのため!!

良く私が(独身の時)遊んで遅くに帰ると玄関に、にゃんたがいて怒られた!!

私が結婚した時は、何日間かは、必ず玄関に行き私の帰りを待っていたりしたそうだ。

結婚した時も連れて行きたかったけど、おとん、おかんが、とっても可愛がってくれていたので、まぁそんなに遠くないし遊びに行けば会えるしねっ!!で、実家にお願いした。

21年。みんなの事を見守ってくれてた。

21年。長いようで短い。
でも、にゃんたは、とってもガンバった。とっても良い子だった。

今日2015年5月10日。20時30分。
永眠いたしました。

にゃんた。ありがとう。




これからは、お空の上から見守っていてね。
にゃんた本当にありがとう。
スポンサーサイト

【2015/05/10 22:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。